読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Park’s diary

投資と英語とITと旅とご飯についてのメモ

iPhone6SのディスプレイをAppleStoreで無償で交換してもらいました

ディスプレイの左上が黒ずんできた

2016年9月、iPhone6Sを使用してから間もなく1年が経とうとしていたとき、ふとディスプレイの左端が小さく変色しているのに気がつきました。

白い画面を表示させているのに、なぜが一部分が赤く変色している。。。

交換してほしい

確か無償修理してくれるのは購入から1年以内だったなと思い、以下のサイトで保障状況を確認しました。

checkcoverage.apple.com

設定から確認できるiPhone本体のシリアルコードを入力すると、保障期間内かどうかを表示してくれます。

確認したところ、ぎりぎり保障期間内でした。

AppleStoreに行こう

まず、以下のサイトからiPhone→修理と物理的な損傷→スクリーンの品質→持ち込み修理を選択し、最寄のAppleStoreのGeniusBarを予約しました。

近くに持ち込める場所がなければ、配送修理でもいいと思いますが時間がかかります。

getsupport.apple.com

購入から1年未満のため無償修理

早速予約した時間にAppleStoreに行き、スタッフに声をかけしばらく待つと担当の人が自分の名前を呼んでくれます。

その場で状況を説明し、動作確認をしてもらい、やはり問題があるということでディスプレイの交換をしてもらうことになりました。

ディスプレイの交換で改善しなければ本体の交換になるそうですが、まずはディスプレイ交換。

なんと1時間半程で交換できるとのこと。

もっと時間かかるかと思ってましたが、店の中でその場ですぐに交換できるんですね。

そして、1時間半後にStoreに戻ってくると、ディスプレイの交換で症状が改善しましたとのことで、本体を受け取って終了。

無償で交換してもらいました。

意外とスムーズに対応してもらえて、驚きました。

iPhone6S購入から1年経過する人は多いと思うので、もし少しでも気になるところがあれば、保障期間内に見てもらったほうがいいかもしれません。