読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Park’s diary

投資と英語とITと旅とご飯についてのメモ

スマホの通信料金に毎月5,000円も払いたくない

スマホの通信料金にお金をかけたくない

今時のスマホはめちゃくちゃ安く使うことができるようになりましたね。

昔、ガラケーパケホーダイを使ってたときでも4,000円以上はしていたような気がしますが、スマホで普通に生活してて困らない程度の通信が1,000円以下でできる時代になりました。

私もiPhoneを1,000円以下でデータ通信のみに使用し、ガラケーを通話専用にし、カケホーダイで2,300円の合計3,300円という2台持ちで運用しています。

無料で050番号のIP電話の番号も持てるので、やろうと思えば通信+電話着信だけなら1,000円以下で毎月運用することも可能です。

出費を抑えるには、毎月何気なく払っている通信料などの固定費から見直すのが一番です。

もし毎月何もせずとも3,000円出費が減れば、1年間で3万6,000円、10年間で36万円の違いが出てきます。

大して変わらず同じように通信・通話ができるのにです。

スマホの使用料金をとにかく下げたい

ドコモ、auソフトバンク等のキャリアを使っている方は、大多数の方は大きな割引などもなくそのままのプランで使っていると端末代も含めているとしても月に5,000円以上払っている方が多いと思います。

でも、今の時代はその3社から選ばずとも他にも多くの会社がサービスを提供しているため、かなり安く使えます。

しかも質はそれほど変わらないというか、実際はドコモの回線を使っていたりするので、電波に不満なく使えます。

通信は格安SIMで、スマホ本体はSIMフリー端末で

私はIIJmioという、格安SIMで月3GBまで高速通信可能なSIMカードを使ってます。

3GBまで高速通信可能といっても、実は低速・高速が切り替えられ、低速時の通信量はこの3GBにはカウントされないため、3GBでも動画などを外で見ない限り十分余ります。

低速時でも、テキスト中心のWEBサイトやメールやLINEなどは問題なく使用できるので、基本的に低速回線で使用しています。

www.iijmio.jp

 

使用するスマホの端末も、今や簡単にSIMフリー端末を手に入れることができるようになっています。

iPhoneも、AppleStoreでSIMフリーの状態で本体だけ買えますし、Androidなら2万円くらいあれば新品のそこそこのスペックのSIMフリー端末が売っています。

これにSIMカードを刺せば、それで格安スマホの運用ができます。

めちゃめちゃ簡単です。

また、具体的な使用感などは随時書いていきたいと思います。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村